2011年04月15日

表紙とか公開されました♪@G.L.〜気がついたら女の子になって妹を守ることになったから、とりあえず揉んでみた!〜

そういうわけで、スーパーダッシュ文庫様の公式サイトで、
のG.L.〜気がついたら女の子になって妹を守ることになったから、とりあえず揉んでみた!〜の表紙が公開されました


gl01_hyosi.jpg


あらすじ等はこちらで公開されています。

………………ともあれ、まあ、何でしょう、
基本的にも応用的にもサブタイトルとほとんど変わってはいませんw
そういう意味で、非常に分かりやすい作品だと思います……たぶんw


そして、そして、今回、G.L.のイラストを描いていただいた、
切符さんのインタビューが、こちらに載っています!
切符さん……何と、G.L.でのイラストがデビュー作! ということで、
超超超気合いの入ったイラストを描いてくれました!!!!!!ヽ(≧ω≦)ノ
マジで可愛くて! マジでカッコ良くて!
僕の本文も、まあ、読んでいただけると嬉しいのですがw、
それ以上に表紙、口絵、挿絵、全てにおいて最高なので、
切符さんの絵を堪能するだけでも、十分に価値のある一冊になっていると思います!!

そんな切符さんのサイト(ブログ)は
ticketchan:http://ticketchan.blog.fc2.com/
に、なります。
絵師様リンクにも追加させていただきました!

そんなこんなで、G.L.〜気がついたら女の子になって妹を守ることになったから、とりあえず揉んでみた!〜は4月22日、発売予定です!

是非是非、よろしくお願いしますm(_ _)m
posted by 長野聖樹 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年04月12日

春のアニメ新番

4月になって、もう10日以上が過ぎました。
余震の多さに本気でビビります。
が、こういうのもアレですが、日本の建物はデフォで耐震設計されている(特に関東以北)ので、
地震だけなら、たぶん大丈夫だと思います。
実際問題、東北地方太平洋沖地震の時も、地震自体の被害は実はそれほどでもありませんでしたし。
むしろ、その後の津波の方が問題だったという……。
この辺は、大正12年の関東大震災の経験から来ている……と僕は聞いています。

そういう点で地味にスゴいと思うのは、
時速300キロで走る新幹線を含め鉄道の各路線が、地震で脱線しなかったとか。
路線自体が破損している場合は、また別の話なのですが……。
地震発生でスムーズに停車出来たという話を聞くと、本当にスゴいと思います。

後は、今現在も冷却に追われている福島原発も、
地震後速やかに停止していました。
ただ、冷却水を循環させるポンプの発電機が津波で動かなくなったため、
結果として現在のような状況になってしまったという……。

今後の災害対策は地震だけではなく、
津波についても想定しないといけないですね。
とはいえ、今回の津波の場合、世界一の堤防(防波堤?)も破壊されたと聞いているので、
どの程度の津波に、どういう風に対応するのか?
想定規模等々を考えると難しいところがあるとは思いますが……。

それはそれとして……。
4月に入ったということで、アニメの新番組も始まりました。
ちらほら新番がスタートしていたりしますが、
とりあえず新番リストを作りました。
今回はスポット的な番組が入っているので、かなりの数になってしまいました。
少々見辛いかと思いますが、勘弁してください。
anime_program17.jpg
posted by 長野聖樹 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2011年03月20日

福島原発@東北地方太平洋沖地震

福島の原発、少しは落ちついてきた見たいですね。
まだ予断を許さない状況ではあるのでしょうが……。

>「使命感持って行く」=電力会社社員、福島へ−定年前に自ら志願

>福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員もいる。
>地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。
>会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。
>事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。
>男性は13日、「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。
>話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。
>東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。
>特別なことにしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した。
>「最初は行ってほしくなかったが、もし何かあっても、自分で決めたことなら悔いはないと思った」と話し、無事の帰宅を祈る。
>男性の妻(58)は「彼は18歳の時からずっと原発の運転をしてきた。一番安全なものをやっているという自信があったんだと思う」と話す。
>出発を見送り、「現地の人に安心を与えるために、頑張ってきて」と声を掛けたという。(2011/03/16-05:16)


>安全のはずが命がけ…怒る自衛隊・防衛省

>放射能汚染の懸念が一層高まる事態に、自衛隊側からは怒りや懸念の声が噴出した。
>関係機関の連携不足もあらわになった。


>3号機の爆発で自衛官4人の負傷者を出した防衛省。
>「安全だと言われ、それを信じて作業をしたら事故が起きた。これからどうするかは、もはや自衛隊と東電側だけで判断できるレベルを超えている」。
>同省幹部は重苦しい表情で話す。

>自衛隊はこれまで、中央特殊武器防護隊など約200人が、原発周辺で炉の冷却や住民の除染などの活動を続けてきた。
>東電や保安院側が「安全だ」として作業を要請したためだ。

>炉への給水活動は、これまで訓練もしたことがない。爆発の恐れがある中で、作業は「まさに命がけ」(同省幹部)。
>「我々は放射能の防護はできるが、原子炉の構造に特段の知識があるわけではない。安全だと言われれば、危険だと思っていても信じてやるしかなかった」。
>別の幹部は唇をかんだ。
>(2011年3月15日14時47分 読売新聞)


>陸自ヘリ、3号機に水投下…海水くみ上げ4回

>東日本巨大地震で被災した東京電力福島第一原子力発電所の3号機で、17日午前9時48分から、自衛隊の大型輸送ヘリが上空から海水を投下した。

>3号機は、使用済み核燃料を冷やすプールの水が不足しているとみられ、高濃度の放射線が漏れ出す可能性が高まっており、投下によって水位の回復を図る。
>警視庁の高圧放水車による放水も同日午後、実施される予定。
>東電は、3号機での投下、放水の効果を踏まえ、プール付近で火災が発生した4号機についても同様の処置が可能かどうか検討する。

>防衛省によると、海水を投下したのは、陸自の2機の大型輸送ヘリCH47。
>17日午前9時前、陸自の霞目(かすみのめ)駐屯地(仙台市)を離陸。9時48分、1機目が3号機上空を通過しながら、機体にぶら下げた容器(容量7・5トン)の底を開けて一気に海水を投下した。

>2機目も4分後に投下。
>その後、もう一度ずつ海水をくみ上げ、交互に計4回投下して作業を終了し、午前10時に現場上空を離れた。
>近くの運動施設で乗組員を除染したうえで、霞目駐屯地に戻る見通し。

>投下前の現場の放射線量は、高度約300メートルで毎時4・13ミリ・シーベルト、約100メートルでは毎時87・7ミリ・シーベルトだった。
>自衛隊は16日にも水の投下を試みたが、この時は高度30メートルで毎時約250ミリ・シーベルトという高い数値を示しており、実施を断念した。

>また、自衛隊は陸上からも放水するため、陸海空自衛隊が航空機事故の際などに使用する救難消防車約10台を原発近くに集結させている。
>この車両は高圧の放水が可能だという。

>一方、警察庁などによると、17日正午現在、警視庁第一機動隊の高圧放水車はすでに同原発に運び込まれ、作業に当たる機動隊員ら十数人は、同原発に向かっている。
>自衛隊のヘリからの投下と入れ替わる形で地上から放水する予定。
>当初、4号機に放水する予定だったが、東電の要請により、緊急性が高い3号機への放水を優先するという。

>高圧放水車は、3号機から約50メートル離れた場所で、海水を補充しながら、原子炉建屋の高さ30メートルの位置にあるプールに向けて水をまく。
>4トンを約1分間で放水する能力があるという。機動隊員らは車内でも放射線を浴びる危険性が高いため、自衛隊から借りた特殊な防護服を着用する。
>(2011年3月17日09時55分 読売新聞)


>「立ち去るわけにはいかない」東電社員、放射線との闘い

>四つの原子炉が重大なトラブルに見舞われ、制御不能に陥った福島第一原子力発電所。
>最悪の事態だけは避けねば――。
>自衛隊などの放水活動が始まる中、原発内でも多くの人が過酷な状況下で闘い続けてきた。
>「もっと早く国ぐるみで取り組めなかったのか」「生きて帰って」。
>家族にもつらい時間が過ぎていく。

>福島第一原発が制御困難に陥った15日、東電は現場での作業に直接かかわらない社員らを施設外に退避させた。

>「もう会えないと思った。でも自分だけが立ち去るわけにはいかないと思った」。
>地震発生直後から作業にあたっていた東京電力社員は、家族に繰り返し言ったという。

>家族の説明によると、この社員は地震発生時に原発の中にいた。
>激しい揺れに襲われた直後、高い津波に襲われ、施設内の燃料や機材が失われたという。
>「自然は怖い。地震と津波が重なるなんて」と振り返ったという。

>ポンプ設備や最後の頼みの綱である緊急炉心冷却システム(ECCS)を起動しなければと、社員の自家用車のバッテリーや屋台の小型発電機までかき集めた。
>それでもシステムは回復しなかった。「外からの電力が断たれたのが一番悔しい」とも言った。

>現場では数百人の社員や作業員が交代で作業にあたった。
>だが、余震が襲うたび、せっかく修理したところが再び壊れていったという。

>余震で眠れず、備蓄のクッキーやレトルトの五目ごはんはのどを通らない。
>精神的に追いつめられた。

>放射線をどれだけ浴びたのか。このまま爆発するのか。
>多くの人たちに放射線を浴びせる事態を招くのか。

>東電の記者会見では、歯切れの悪い問答が繰り返されていた。
>それを知った社員は「中のことを、外の人は知らないんだ」と思った。
>「会社には、もうあきらめられているのか」とも。
>だが同時に「避難している住民が戻ってこられるようになるまで、ここを出てはいけない」と思っていたという。

>この社員から現場の惨状を聞かされた家族は驚いた。
>地震が起きるまで、「世界最高の技術だから安全だ」という社員の言葉を家族は信じてきた。
>事故の際の被曝(ひばく)対策もできていると思っていた。

>家族の一人はいう。「政府や東電は、現場で体を張る連中を見殺しにするのですか。今まで信頼してきただけに、腹立たしいのです」

>    ◇

>第一原発そばの社宅に住んでいた東電社員の妻は、作業に携わる夫の身を案ずる。

>11日午後、激しい揺れに襲われた。タンスが倒れ、めちゃくちゃになった自室から、原発で働く夫に何度も電話をかけた。
>つながったのは深夜。「無事だ」。生きていることだけは分かった。その後、連絡は途絶えた。

>4日後、避難した妻に短い携帯メールが届いた。

>「飲み水が足りない。体調も悪くなってきた」

>こんな状況の中で、日本全体に影響する重大な仕事ができるのだろうか。
>夫の家族の一人は心配する。
>「東電社員は一番責任ある立場だから、何も言えないのかもしれない。けれど家族としては、すぐにでも何とかしてほしい」。
>涙がこぼれた。

>彼はまだ原発にいる。自衛隊の放水作業は始まったけれど、家族は胸がつまるようでテレビの画面を直視できない。(大谷聡、鈴木彩子、石田博士)


>放水続行、3号機「安定状況」=1、2号機は外部電源接続−社員6人被ばく・福島

>東日本大震災で被災し、放射能漏れが続く東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)で19日午後、東京消防庁のハイパーレスキュー隊が3号機の使用済み核燃料プールに向けた放水を続けた。
>同庁の放水は同日未明に続き2回目。
>経済産業省原子力安全・保安院によると、原発敷地内の放射線量は同日午後9時現在、毎時2906マイクロシーベルト。
>放水直前の同3443マイクロシーベルトに比べ、低下傾向にある。
>枝野幸男官房長官は同日午後の会見で、3号機の燃料プールについて「一定の注水に成功したとみており、現時点では一定の安定状況にある」と述べた。
>一方、東電は同日、外部電源の復旧作業を継続。午後には1、2号機に電源ケーブルを接続した。
>20日朝以降、機器に通電し、原子炉や燃料プールの冷却機能回復を目指す。
>5号機に続き、19日夜には6号機の燃料プールの冷却機能が回復。
>5号機の燃料プールの水温は午後6時現在48.1度で、通常値(約40度)に近づいた。
>敷地内の放射線量は高い状態が続いており、東電によると、19日までに、社員6人が100ミリシーベルトを超える被ばくをした。
>健康被害はなく、今後も作業を続ける意思を示しているという。
>また、東電は6号機で観測した地震計の数値を公表。瞬間的な揺れの強さを示す最大加速度はすべて設計基準値以下で、「揺れと比べて想定外の津波被害となった」とした。
>東京消防庁によると、放水を開始した午後2時すぎ以降、放水車のバッテリーが1回、上がったが、遠距離大量送水装備「スーパーポンパー」からの水圧で、放水を継続した。放水作業と並行し、バッテリーの修理も完了したという。
>政府の対策本部の要請で、20日午前0時半まで続けられる。
>また、総務省の要請を受け、大阪市消防局は19日、緊急消防援助隊53人を派遣した。
>除染機能などがある特殊車両16台で東京消防庁や自衛隊を後方支援する予定で、20日早朝には福島県いわき市の活動拠点に到着する。(2011/03/20-01:41)


>「見えない敵」「ミッション達成」=恐怖克服、安全確保−原発放水・東京消防庁

>「見えない敵と戦う」「ミッションを達成」。
>東京電力福島第1原発3号機への放水をした東京消防庁の緊急消防援助隊の第1陣が19日夜、帰還。
>総隊長の佐藤康雄消防司監ら3人が東京都千代田区の同庁で記者会見し、恐怖と緊迫の状況を報告した。
>同庁によると、現場の路面状況が悪く、予定になかった車両外での作業を強いられるなど難航。
>隊員も防護服着用に普段より手間取るなど緊張し、絶えず放射線量を測定しながらの作業だった。
>白煙が上がっていた場所を目掛けて放水したところ、直後に放射線量がゼロに近い値に低下したため、燃料プールに命中したと判断したという。
>佐藤消防司監は「隊員の安全を確保し、連続して大量の水をプールに放水するミッションを達成できたと思う」と語った。
>さらに「放射能という見えない敵と戦う恐怖心を克服した隊員に、敬服の念を抱いている」と振り返った。
>「福島原発に行ってくるよ」。
>佐藤消防司監は派遣要請を受け、妻にメールを打った。
>返信は1行で、「日本の救世主になってください」だった。
「帰ったら、ゆっくり寝たい」。
>涙を浮かべ、笑顔でつぶやいた。
>特殊車両で放射線量を測定した冨岡豊彦隊長は「大変だったのは」と問われ、「残された家族」と答えて沈黙。
>目を真っ赤にし、ほおを震わせ、「隊員は士気が高く、一生懸命だった。残された家族に、おわびとお礼を申し上げる」と言葉を絞り出した。
>3号機の間近で放水をした高山幸夫隊長は「仲間のバックアップがあったからできた」と断言。
>「出発前、『必ず帰る』とメールをしたら、妻から『信じて待ってます』と返信があった」と明かした。(2011/03/20-01:29)


>東京消防庁放水「恐怖心を克服、プールに命中」

>東京電力福島第一原子力発電所の事故で、3号機の使用済み核燃料の一時貯蔵プールに19日未明に放水を行った東京消防庁の緊急消防援助隊の総隊長ら3人が同日夜、東京・大手町の同庁で記者会見を行い、「恐怖心を克服し、ミッションを達成できた」などと振り返った。

>会見に出席したのは、現場に行ったハイパーレスキュー隊の冨岡豊彦(47)、高山幸夫(54)の両隊長ら。
>オレンジ色の作業服姿に黒いブーツを履いた冨岡隊長は大変だったことを尋ねられると、「隊員の士気が高いので……」と切り出し、絶句。
>しばらく声を詰まらせた後、「家族ですね。本当に申し訳ない。この場でおわびとお礼を申しあげたい」と唇を震わせながら目に涙を浮かべた。

>高山隊長は、「(放射能という)目に見えない敵との戦いだった。短い時間で活動を終了するのが大変だった。仲間のバックアップがあったから良かった」と話した。

>会見に同席した同庁警防部長の佐藤康雄総隊長(58)の説明によると、同隊はまず、18日午後5時過ぎ、同原発の正門から中に入った。
>当初の予定では、3号機そばの岸壁から直接海水をくみ上げることになっていたが、がれきや流木が現場に散乱して大型車が通行できなかったため、いったん撤退した。

>同日午後11時30分、隊員約40人で再び敷地内に入った。
>そのうち20人が約350メートルにわたって手作業でホースをつなぐなどし、19日午前0時30分、屈折放水塔車の高さ約22メートルのホースから3号機に向かって20分間、毎分約3トンを放水した。

>放水前の現場の放射線量は約60ミリ・シーベルトあったが、放水を終えた段階でほぼ0ミリ・シーベルトに。
>佐藤総隊長は、「(使用済み核燃料プールに)命中しているなと思った。139人の安全を確保しつつ、連続して大量の水を注入するミッションを達成できた」と笑顔で語った。

>2度の活動に従事した約50人のうち、最も被曝(ひばく)量が多かった隊員は約27ミリ・シーベルトで、14〜15ミリ・シーベルトが3人、10ミリ・シーベルト以下が45人いた。
>同庁は原子力災害の現場での被曝量の基準を30ミリ・シーベルトと設定しており、佐藤総隊長は「基準を満たすことができた。放射能の危険を熟知しているので、恐怖心を克服できた」と述べた。
>活動には、本人が承諾したハイパーレスキュー隊員を充てた。
>(2011年3月20日01時28分 読売新聞)


トップの対応について色々と言いたいこともありますが、
東電(他の電力会社も含)、あるいは自衛隊、消防隊等々の福島原発の前線にいる方々は、
本当に命がけで頑張っています。
トップの批判、そして責任問題の追及は後でも出来ると思います。
今は、前線で頑張っている方々の無事と、
そして冷却作業の成功を祈る方が良いのではないでしょうか?

僕は、前線で頑張っている方々の無事と、
そして冷却作業の成功を切に祈ってます。
posted by 長野聖樹 at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2011年03月17日

Operation Tomodachi@東北地方太平洋沖地震

アメリカは今回の東北地方太平洋沖地震の支援をOperation Tomodachi(トモダチ作戦)と名付けました。

その作戦行動の一部ですが……。

>米の揚陸艦が輸送支援、自衛隊員を被災地へ
>在日アメリカ軍による東日本大地震の被災地支援の動きが進んでいる。

>長崎・佐世保基地に所属するアメリカ海軍のドック型揚陸艦「トーテュガ」は15日、北海道・苫小牧市の港で、陸上自衛隊の車両50台などを積み込む作業を行った。

>アメリカ海軍は「トモダチ作戦」と名づけられた地震の支援活動を行っている。トーテュガは、自衛隊の人員や装備などを被災地に輸送し、災害支援にあたる予定。


>米無人機で内部撮影へ きょうにも福島原発で
>東日本大震災で、高い放射線が検出されている東京電力福島第1原発の原子炉建屋内部を撮影するため、米軍が17日にも無人偵察機グローバルホークを飛行させることが分かった。
>日本政府関係者が16日明らかにした。

>無人機であるため乗員が被ばくする危険性がない。
>同機は高性能カメラと赤外線センサーを備えており、破損箇所など建屋内の状況が把握できれば対策づくりに役立つ。

>日本政府が対応に手間取り有効な対策を打ち出せずにいるため、米軍は自衛隊が保有していない無人機の投入が必要と判断したとみられる。
>原発トラブルでの日米協力の本格化ともいえそうだ。

>東日本大震災を受けオバマ米大統領は「いかなる必要な支援も提供する」と表明。
>米軍は航空機での物資輸送や、空母などによる被災者の捜索に当たってきた。
>原発トラブルでも米軍の放水車を提供している。

>グローバルホークは約1万8千メートルの高高度を飛行し、約560キロ先まで見通す偵察能力を持つ。
>夜間や悪天候下でも目標の捕捉が可能。撮影画像は、ほぼ同時に地上の司令部で見ることができ、地上からの操作のほか事前のプログラム飛行もできる。
>今回は米領グアムのアンダーセン基地に配備している機体を使用する。


>米海軍、宮城・白石市に救援物資届ける
>東日本大地震で、神奈川・横須賀市を拠点とするアメリカ海軍第7艦隊は、地震で被災した人々が身を寄せている宮城・白石市の避難所に12日、コメやパンなど680キロ相当の救援物資を届けたことを明らかにした。
>輸送には厚木基地所属の複数のヘリコプターが使われ、基地関係者らから寄付された食料も一緒に送ったという。

>アメリカ軍は、被災地沖に原子力空母「ロナルドレーガン」を展開させ、自衛隊などのヘリの補給拠点として提供、「トモダチ作戦」と名付けた支援活動をすでに開始している。


他にはアメリカ海軍公式flickrで実際のアメリカ海軍の活動の様子が、
写真で見られます。

あるいは アメリカ第7艦隊の旗艦、ブルーリッジや、横須賀の在日米海軍司令部のツイッターで、
リアルタイムの情報が見られます。


悲観的だったり、イヤなニュースとか山ほどありますが、
それより少しでも被災地の方々にとって希望の持てる情報を流せれば……と思い、
僕が分かる範囲でのアメリカ軍の活動をまとめて紹介してみました。
posted by 長野聖樹 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2011年03月15日

僕達に出来ること@東北地方太平洋沖地震

阪神淡路大震災で震災に遭われた西宮市議会議員、
今村岳司市議のブログにあった、3月13日のエントリーです。

>あの恐怖と屈辱は、記憶よりさらに奥に刻みつけられてしまっている。

>16年前に私は被災し、実家を全焼して失いました。
>それいらい、私はよほど小さな地震でも、気分が悪くなるほど怖いです。
>記憶よりさらに奥のところに、あの恐怖が刻みつけられている気がします。


〜中略〜

>悔しくて、悔しすぎて、記憶から消していたことが、いろいろ蘇ってきて辛いです。

>ひとつは、観光気分で来た自分探しボランティアの連中のこと。

>彼らは、人から感謝されることを楽しみにやってきただけでした。
>だから、汚れ仕事やしんどい仕事は何かと言い訳しながらやりませんでした。
>彼らで集まって楽しそうに親睦を深め合っていました。
>そんな彼らに「惨めな被災者」と扱われる屈辱。
>何日か経ったとき、避難所のリーダーが耐えきれずに怒鳴り散らして
>彼らを追い返してくれました。
>彼らがいなくなっても、彼らに受けた屈辱は消えませんでした。


〜中略〜

>私はこの地震で何も失っていない部外者です。
>そして、この地震に対して何もできない無力な素人です。
>ただの「被災していない人」です。
>被災していない人間に被災者の気持ちが分かるわけがないのです。
>分かるわけがない相手に分かったようなことを言われたりされたりすることこそが、
>相手に「被災者の気持ちなんて結局誰もわからない」を痛感させます。
>とにかく、自分にできることなど何もないことを受け容れることが必要です。
>「何かしよう」という気持ちが、本当に自己満足ではないのか、よくよく考えるべきです。

>政府の大規模な財政出動に理解を示すこと、増税を受け容れること、
>節電など、政府の呼びかけに応じて、不便を受け容れること、
>被災者の苛立ちや要望をただ受け容れること、
>プロが呼びかけるボランティアや募金に参加すること。
>これくらいが関の山なのです。

>「被災経験のあるあなたに訊きたいが、被災地に対して何かできることはないか」
>と友人に訊かれたので、こう答えました。

>まずは、呼ばれでもしないかぎり、絶対に被災地に行かないことです。
>被災地から出ようとする人、入ろうとする支援部隊や家族で
>アクセスはただでさえ大混乱ですから非常に邪魔です。
>統制もとられておらず装備もなく訓練も受けていない「ボランティア」は
>ただの野次馬観光客です。何の役にも立ちません。
>自衛隊は、食糧から水から燃料から寝具から、全て自前で用意して出動します。
>しかし、手ぶらのボランティアは、
>被災者が食うべきものを食い、被災者が飲むべき水を飲み、
>被災者が寝るべきところで寝るのです。
>完全に現場指揮に従うのであれば、
>しかも生き地獄での救援活動に耐えうる技術と精神力を備えているのであれば、
>行ってこればいいと思います。

>次に、要請されないかぎり何も送らないことです。
>何が不足しているかもわからずに送られてくるものは、千羽鶴と同じゴミです。
>「着るものがないだろう」とボロを送られても馬鹿にされたと思うだけです。
>水もガスもないところにカップ麺を送られても意味ありません。
>現場に何が必要かを理解しているのは現場のプロだけです。
>「○が不足しているのでどこに送って欲しい」という呼びかけに応えるのであれば、
>ぜひ送ればいいともいます。

>そして、ぜったいにこちらから安否確認の通信をしないことです。

>安否確認したいのは被災していない側です。
>被災していない側が安心したいだけです。
>安否確認などされても被災者には何の益もありません。
>安否確認で電話することは、
>通信が復旧しきっていない情況で、
>被災者でない側が安心したいがために通信を使用する行為です。

要はプロに任せることです
>16年前、遠くのまちの名前が書かれた消防車やパトカー、
>そしてなにより規律正しい自衛隊が来てくれたときには、
>ほんとうに嬉しかったです。
>彼らは、これまでに見たどんな人間より気高かったです。
>彼らはプロとしての技術を持っていましたし、
>彼らは私たちに感謝されることなど求めていませんでした。
>被災地に必要なのは、プロだけです。


〜後略〜

以上です。


改めて、震災で亡くなられた方へのお悔やみを申し上げます。
そして震災に遭われた方へのお見舞いを申し上げます。


僕のような東京にいて、
震災に遭わなかった人間に出来ることは微々たることです。
部屋の中の余分な電気を切って、
そして募金をすることです。
他のことは、その道のプロにお願いしたいと思います。


被災地の一刻も早い復興を、心の底からお祈りしています。
posted by 長野聖樹 at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2011年03月13日

東北地方太平洋沖地震

震災に遭われた方へのお見舞いと、
震災で亡くなられた方へのお悔やみを、
謹んで申し上げます。

あんなに長い地震は生まれて初めてです。
ちょうど自宅で仮眠をとっている時でした。
慌てて起きた僕がニュースをつけると、
その直後の津波の状況が、
リアルタイムで流れていました。

本当に怖いと思いました。


今回、枝野官房長官は最善の一手を最速で打ちました。
自衛隊の出動、関係各企業への呼びかけ、
バックアップ体制の立ち上げ、福島原発への対応等々、
本当に出来る限り出来ることをしているように見えます。

また、各国も日本への援助を開始しています。
アメリカは、
大型空母ロナルド・レーガンを初め、
強襲揚陸艦エセックス等の5隻、
米海軍第7艦隊旗艦ブルーリッジを派遣してくれました。

韓国は、
災害救助隊約40人を待機させているそうです。

先日大地震のあったニュージーランドは、
緊急捜索援助隊員を諸々合わせて54人派遣してくれるそうです。

ドイツは、
救援専門家4人と、救援チーム約40人を派遣してくれるそうです。

トルコは、
緊急救助隊チームの派遣以外にも、
トルコ外務省内に状況把握のため特別チームを設置したそうです。

シンガポールは、
災害救助犬5匹と、救援チームを派遣してくれるそうです。

他にも色んな国が震災に遭った日本への支援を表明してくれています。


今は本当に大変な時だと思いますが、
絶対にそのままのどん底という状況は続かないと思います。
必ず未来は良くなると僕は信じています。

被災地の少しでも早い復興を祈っています。

緊急災害募金
Yahoo!基金
>2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」などの被害に対して、Yahoo!基金は義援金による支援を実施いたします。

>Yahoo! JAPANは、日本の代表的なインターネット企業としての社会的責任から、「インターネット社会の安全で健全な発展」および「災害被災地への速やかな支援」を目的とする新たな組織「Yahoo!基金」を、2006年6月に設立しました。

>同基金は、Yahoo! JAPANの通常のサービスとは異なるもので、ボランティアメンバーをYahoo! JAPAN社員のなかから選出し、そのメンバーが運営にあたります。

http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
posted by 長野聖樹 at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記